雑記 観光

山口県でひっそり有名な「麻羅観音」ってどんなとこ?実際に行ってみた感想

スポンサーリンク

 

山口県には、知られていない観光スポットが数多くあります。

そのなかの一つが「麻羅観音」です!

麻羅観音と名前だけ聞いたら結構下系な場所なのかな?と想像されると思うのですが

その通り!その下系にまつわる観音堂が「麻羅観音」です!

でも、面白半分だけで行くのはオススメしません。NGです。

それでは「麻羅観音」に関する情報と実際に行ってみた感想を書いていきたいと思います。

こんな方におすすめ

  • 山口県の珍名所を知りたい人
  • 子宝祈願や夫婦円満のご利益を求めている人
  • 山口県へ車で旅行に行く予定がある人
  • 一目おおきなイチモツを見たい人


 

「麻羅観音」ってどんなとこ?

麻羅観音(まらかんのん)は、山口県長門市俵山温泉下安田にある寺院、祠です。

ここのお堂で祈願すると子孫繁栄、精力増強、良縁、恋愛成就、夫婦円満などに

ご利益があるそうです。

時代はだいぶ遡り、戦国時代に滅ぼされた大内氏の1人大内歓寿丸が

幼く殺されたことで不憫に思った住人が、その霊を慰めるために作られた観音堂が

「麻羅観音」と呼ばれているそうです。

 

麻羅観音の由来

1551年9月1日

中国地方の太守、大内義隆公は家臣の陶晴賢に攻められ、湯本温泉の大寧寺で自刃した。

翌二日、長子の義尊公はこの奥で捕らえられ惨殺された。

墓は近習のものと共に上安田にある。

末子の歓寿丸女装をして山中にかくまわれていたが、翌年春に捕らえられ

ここで殺された男児の証拠に男根を切られて持ち去られた。

これを里人はあわれんで、この社をたてて霊を慰めた。

ここは子宝に恵まれない人や健康増強への願いを託す参拝者で賑わう。

と書かれた内容が由来だそうですが、とても残酷で悲しい歴史があったところなのだと

ここに来て初めて思い知らされました。

 

麻羅観音の概要

麻羅観音は、俵山温泉街から1kmほど離れた県道281号線の山の斜面にあります。

観音を祭ってある小さな祠の周囲には、たくさんの陰茎の石像が置かれ、

願い事を唱えながらその亀頭の部分を撫でるとよりご利益が増すそうです。

石像は敷地内に十数体あり、中には高さ1mを超えるサイズもありました・

これらは全部外部から持ち込まれた奉納品だそうです!

観音堂では子宝祈願や安産だけでなく夜尿症や性病に悩んで参拝する客も多いらしいです。

そして敷地内左手奥の祠には、願い事が書き込まれた15cm程の陶器製男根像が

数多く陳列され奉納されています。

毎年5月には「麻羅観音祭」が執り行われて、長門市町や地元関係者も参列し

バザーや餅まきが開催されているそうです。

私も一度、参加してみるのもありだなと思いました。

 

麻羅観音へのアクセス方法

  • 電車JR美祢線「長門湯本駅」からバスで約20分、「俵山病院前」下車、徒歩約15分。
  • または同駅よりタクシーで約20分。
  • 車の場合、中国自動車道「美祢インターチェンジ」から約60分、県道281号線沿い、     駐車場15台。

 

麻羅観音に行ってみた感想

山口県への旅行で気になっていた「麻羅観音」へ実際に行ってきました!

俵山温泉市街から近いということは聞いていたのですが、そこから

スマホのナビで検索して案内してもらっても目的地に着くことができませんでした。

しょうがないので、googleで麻羅観音と調べてそのサイトが示す場所をナビに設定

して車をはしらせると、到着地点付近に公共トイレと広めの駐車場があったので

そこに車を停めて外へ出ると、車道を挟んだ向かいの山の斜面に麻羅観音がありました。

正直とても分かりづらい場所にあるので、目印は「麻羅観音 日本一ココ」の看板と

公共トイレ付きの駐車場だと覚えていたら大丈夫だと思います。

いざ麻羅観音へ出陣!!

雰囲気は雨が降っていたのもあり、とても神聖な場所でただ面白半分で行くには

バチが当たりそうな場所だなと思いました。

最初の階段を登ると、6体のお地蔵さんと麻羅観音の由来が書いた石像が

迎えてくれます。

この由来が書かれた石像を読んだら、ばちあたりな行動は出来なくなると思います。

書かれている内容が、上の由来で書いたようにすごく残酷だからです。

でも、落書きや騒いだりしに来る人なんていないと思っているので大丈夫だと信じています。

さてこの話は置いといて、いよいよ大きなイチモツ達の登場です!

小さいイチモツから1m越えの大きなイチモツまで、いたるところからニョキニョキ

はえているので中々の衝撃を受けると思います!しかもリアル!!

そしてこの男根には噂があり、男の子が欲しいときにまたがって乗ると

本当に男の子が産まれるとか?!

実際にレビューの中に書いている人がいて、その人は3回またがってみたら

3人とも男の子が生まれたそうです!

本当かどうかは分かりませんが、それだけのパワーがあるんだと思いました。

次に、麻羅観音メインの小さなお堂の中に入り参拝しました。

もちろんお堂の中にも、ちらほら小さな男根がおいてあります。

参拝を終え、お堂を出ると20円で引けるおみくじを発見!!

20円とリーズナブルな金額でおみくじができてびっくりしました。

最後に敷地内左奥の祠に、陶器のマラを設置したかったのですが

あいにく、店が閉まっていたので諦めて帰りました。

麻羅観音は、子宝に恵まれない人、性的な悩み、夫婦円満、良縁などでの参拝には

もってこいの場所だと行ってみて改めて思いました。

 

まとめ

今回は「麻羅観音」に関する情報と実際に行ってみた感想を書いてみましたが

いかがだったでしょうか?

デートで行ったりすると、たくさんの麻羅に圧倒された彼女さんがドン引いて

逃げ出したりするかもしれないので、一緒に行く人は慎重に選んだほうが良いと思います。

アクセスの仕方もだいぶ山奥で、初めての人には分かりづらいと思うので

googleで調べて出てきたサイトからの、ナビの案内で行った方が分かりやすいと思います。

くれぐれも迷子にならないように気を付けてくださいね。

麻羅観音は、とても神聖な場所でパワーがもらえる場所なので

ぜひ一度訪れて自然のエネルギーをもらってみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-雑記, 観光

© 2022 Proof to liveブログ