ハムスター ハムスターの飼育用品

ハムスターの床材選びは超重要!?オススメな床材紹介します!

キンクマハムスター

スポンサーリンク

 

ハムスターが穴を掘ったり、身を隠すのに必要になるのがハムスター用の床材です!

でもこの床材選び、店員さんに言われるがままに適当に買ってしまうと 

大変な事態が起こってしまうのです! 

知識が豊富な店員さんだったら、的確な商品を紹介してくれて心配ないのですが

見るからに知識不足な店員さんが、ハムスターを買ってもらおうと

安い商品を適当に紹介してくることもあるので気を付けるようにましょう。

 

それでは、なぜハムスターの床材選びがそんなにも重要なのか本題に入っていきます。

 

ハムスター用の床材選びが超重要な理由

 

ハムスターは、ストレス発散のため巣穴を掘りまくったり、外の温度が低くなったりすると

巣穴の奥に潜り込んで冷えた身体を温めたりします

こんなハムスターの習性に対応できるのがハムスター用床材になります!

ケージ内を歩きやすくする、巣穴を掘りまくれる、保温に優れているとかなり有能なものです。

出費を抑えるために新聞紙や綿などを床材替わりにしている人もいるのですが

新聞紙の字(インク)の匂いを嫌がったり、綿は飲み込んでしまうと

消化管閉塞を起こすことがあるので 無難に床材を使用することをオススメします。

その他に、飼っているハムスターに合わない床材を使い続けることで

アレルギーを引き起こすこともあるので、常にハムスターの状態に変化が無いか

確認してあげることも大切です。

 

ハムスター用の床材には種類がある

ハムスター用の床材には、種類があり

「ペーパーチップ」 「ウッドチップ」 「コーンチップ」3種類あります。

ペーパーチップ

ペッパーチップは、紙製品で作られているので

ハムスターの肌へのダメージが少なく怪我や手術後のハムスターにオススメです。

さらに、白色のペーパーを使用する事でおしっこなどの汚れが分かり易く

掃除がしやすいのが特徴です。

ウッドチップ

ウッドチップは、木材を削ったりして作られた床材で、保温性や吸水性に優れています。

手にキャッチしやすいので穴掘りが好きなハムスターなどにおすすめです!

ただ、うちで飼っているハムスターには合わず半年で床材を変更しました。

よく目に床材が入って炎症を起こしていたので、目に入りにくいペーパチップにしました。

コーンチップ

コーンチップは、トウモロコシの穂軸100%を粉砕した床材です。

安全性が高く吸水性に優れていて、ホコリもでにくいので

アレルギーが出やすいハムスターにおすすめです!

ただコーンチップは食品を用いてつくられていますので、

こまめに掃除をしないと腐敗してしまいます。注意しましょう!

私は、この3種類の中のペッパーチップを主に使用しています。

掃除もしやすいので初心者の方にはオススメです!

 

ハムスター用の床材選びで注意しないといけない事

 

床材選びで注意してもらいたいのが、床材を購入する時

パッケージに低アレルギー素材との表示があるか確認することです!

ハムスターは、ホコリや皮膚へのダメージでアレルギーを引き起こす子が多く

床材から舞ったホコリが目に入ったり体質に合わなかったりするとアレルギーを発症します。

必ず表示を確認し、それでも合わなかったら獣医師などに相談して決めましょう

つぎにウッドチップの床材を買う時先の尖った木片などが入っていないか

確認を目視でしっかりすることです!

削りが大きいチップが混入しているままケージに床材をしくと、

ハムスターが巣穴を掘って潜る時などに、誤って目に入ったりすることがあります。

目に傷が入ることによって炎症を起こしたりすることがあるので、気を付けるようにしょう!

うちで飼っているハムちゃんは、削りが大きいとか関わらず

ウッドチップとの相性が悪かったです。(汗)

次はハムスター用床材のオススメ紹介に入っていきます。

 

ハムスター用の床材オススメ紹介

ここからは、ハムスター用床材のオススメを紹介していきたいと思います!

私が飼っているハムスター用に、実際に使用している床材で

アレルギーもあまり出ず、快適に過ごしているので参考になればと思います。

1.消臭ペーパーマット

公式amazonから引用

「消臭ペーパーマット」は一番オススメしたい床材で、うちで飼っているハムちゃんたちは

みんな大好きな床材です!

ハムスター自身が掘りやすくて、身を隠しやすい床材なので

ハウスを使用せずどこにでも隠れて寝れるので、気に入っているのかなと思います。

この床材は、植物性消臭成分が配合されているので、オシッコなどの匂いを

ある程度消臭してくれるので、気になる匂いの悩みも解消してくれます。

そして低アレルギー素材なので、アレルギーに弱いハムスターにも超オススメです!

しかし注意点があり、ハムスターがケージ内にいる状態で

新しく床材を追加するのはやめましょう!

少しからずですが、ホコリが舞ってアレルギーを引き起こすことがあります!

植物性消臭成分とは?

ヤシ油抽出液で気になる匂いを消臭してくれる成分のことです。
 

 

 

2.広葉樹マット

公式amazonからの引用

「広葉樹マット」は、主にキンクマハムスター用に使用しているのですが

あまり床材などを掘ったりして、床材に隠れて寝るタイプではないキンクマハムスターには

肌に優しい刺激性の少ない広葉樹マットがオススメです。

もちろん巣掘りも出来るのですが、キンクマハムスターはそんなに激しく掘らないので(笑)

この床材は、消臭効果もありオシッコなどで汚れていてもあまり匂いが気になりません。

ただ、1週間くらい放置すると匂いが強くなり衛生的にも良くないので

こまめに掃除してあげるように心掛けましょう!

その時に目立つうんちも一緒に処理してあげて下さい。

 

 

以上2つが私がオススメしたいハムスター用の床材でした。

もしこの床材が、飼っているハムスターに合わなかったら

ペットショップに売っている違う低アレルギーの床材に変えるか、獣医師に相談して下さい!

 

まとめ

今日はハムスターの床材選びの重要性や種類、オススメの床材について

お話しましたが、いかがだったでしょうか?

床材が原因で、アレルギーを引き起こすハムスターが多いことを

読者様に理解していただいて、少しでも役に立てば嬉しいです。

ぜひ私の記事を参考にして床材選びに活用してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

 

スポンサーリンク

-ハムスター, ハムスターの飼育用品

© 2022 Proof to liveブログ