ハムスター ジャンガリアンハムスター ドワーフハムスター

ドワーフハムスターの餌(ペレット)オススメ4選!!ペレットの種類やしっかり食べてもらう工夫や対策とは?

ハムスターがペレットを食べている

スポンサーリンク

初めまして!ハムスター大好きprooftoliveです!!

今回はドワーフハムスターに限っての餌(ペレット)紹介をしようと思います。

ドワーフハムスターとは、ジャンガリアンハムスターやロボロフスキーハムスター、キャンベルハムスター、チャイニーズハムスターのことを指します。

最近は、たくさんのハムスター専用ペレットが販売されているので、どれにしたらいいんだろう?と悩む方も多いんじゃないのかと思います。

本記事では飼っているハムスターに適した餌の選定方法から、しっかり餌を食べてもらう工夫、対策まで紹介します。

一緒にもりもり食べてくれる餌をみつけましょう!

 

餌(ペレット)の種類

ドワーフハムスター用のペレットを買うときに、最初に確認してもらいたい項目があるのですが

販売されている餌(ペレット)パッケージの裏側に、ドワーフハムスター専用やゴールデンハムスター専用と右上あたりに記載されています。(上図)

この項目をちゃんと確認しておけば、確実にペレットの買い間違いも減ると思います。

ドワーフハムスターはゴールデンハムスターと違い体が小さい分、多くのエネルギーが必要になります。

なので摂取しないといけない栄養分も変わってくるので、買い間違えに気を付け、パッケージ裏側の成分もきちんと確認するようにしましょう。

 

栄養分<成分>とは

Amazon公式HPから引用

 

原材料も大切になるのですが、基本的に成分重視で確認するようにしましょう。

ドワーフハムスターに必要な成分はゴールデンハムスターより粗タンパク質2.0%粗脂肪0.5%、粗繊維1.0%カルシウム0.1%リン0.1%エネルギー20kcal程全体的に多くなっています。

それだけドワーフハムスターは活発に動き回りエネルギーを使うので、子ハムはもっとエネルギー(タンパク質)が高い方が良いということが分かりますよね。

次にペレットのタイプです。

ペレットには固形タイプと半生タイプがあります。

 

固定タイプと半生タイプとは?

 

固形タイプの特徴

固形タイプとは、ハムスターのかじって食べる習性を活かした食べやすい形状、大きさ、硬さに作られたペレットです。

ハムスターは生きている間、ずっと前歯が伸び続ける生き物なので、高齢や歯が悪い子供のハムスター以外には固形タイプをあげましょう。

歯の伸びすぎを防いでくれるので、歯が伸びすぎて顎を貫くこともないでしょう。

半生タイプの特徴

半生タイプとは、高齢や子供、歯の悪いハムスターでも食べやすいようにしたペレットです。

基本、固形タイプのものをお湯でふやかして半生なものを作ったりするのですが、元から柔らかく作られた商品もあります。

 

餌(ペレット)のあたえ方

ハムスターに餌(ペレット)を与える時、何を基準であたえていますか?

適当に多くあげたり、少なく与えると激太りしたりガリガリになったりしてしまいます。

そうならない為にも、適量の餌をあげるようにしましょう。

 

適切な餌(ペレット)の量とは

ハムスターに与えていい1日の主食(ペレット)の量がありまして、その量はハムスターの体重5~10%といわれています。

ハムスターの体重が変わればその都度あたえる餌量も変わるということです。

ですが、毎回体重を計るのが面倒くさいという方は、通常のジャンガリアンハムスターでしたら3~5g程度であげていたら大丈夫です。

残さない程度にあげすぎ注意です!

 

餌(ペレット)を食べてくれなくなった時の工夫と対策

ハムスターは毎日同じペレットを食べていると、人とおんなじでその味に飽きて食べてくれなくなることがあります。

そんな時に役立つ、ハムスターが興味を持ってペレットを食べてくれるいろんな餌の与え方を紹介しようと思います。

 

ペレットの種類を変えて餌をあげる方法

いつも同じ餌を食べていて、飽きてペレットを食べてくれなくなった場合は、違う種類のペレットに替えてあげてみましょう!

ですが、いきなり違うペレットにシフトチェンジすると、匂いなどが変わり警戒してまったく食べてくれなくなることがあるので、今与えているペレットに毎日少しずつ新しいペレットを混ぜながらあたえてみて下さい。

そして、しっかり食べてくれるようになったら、全部を新しいペレットにかえるようにしましょう。

 

ペレットと一緒に野菜をいれてあげる方法

ハムスターが好きな人参やキャベツなどをいれてあげると、喜んでペレットと一緒に食べてくれる子もいます。

間違っても主食と一緒にひまわりの種やおやつ類をいれてあげるのはやめましょう。

ハムスターは選んで餌を食べるので、おやつばかりたべて栄養が偏ってしまいます。

大切なハムちゃんが体調を崩さないよう、そういう餌のあたえ方はしないようにしましょう。

上の方法でも餌を食べてくれない場合は、かじって食べにくい可能性があるので、ペレットをお湯でふやかして粉末材をかけ食べやすい状態にしてあげてみましょう。

それでもダメでしたら病気の疑いがあるので病院に連れて行きましょう!

それでは、本題のドワーフハムスターのおすすめペレットの紹介に入ります。

 

ドワーフハムスターおすすめペレット4選!

1、彩食建美「ハムスターブレンド ドワーフハムスター用

 

彩食建美「ハムスターブレンド ドワーフハムスター専用」は、ハードタイプで活動的なドワーフ系ハムスター専用の餌になります。

活動量に合わせて、タンパク質が最適に配合されているので健康な体を維持しやすくしてれます。

でも、残念ながらうちのハムちゃんはグルメなのであまり食い付きがよくありませんでした、、。

お値段は660円程です。

 

2、ハムスタープラス ダイエット・メンテナンス

 

「ハムスタープラス ダイエット・メンテナンス」は、固形タイプですこし太っているハムスターのダイエット用ペレットになります。

たんぽぽやおおばこが配合されているので、免疫力を高めてくれるプロポリスと消化吸収を助けてくれます

ハムスターの健康を内側からサポートしてくれるので最近太ってきたかな?と思うハムスターにダイエットペレットとして与えてみてください。

お値段は635円程です。

 

3、イースター ハムスターセレクション

 

「ハムスターセレクション」は、小動物専門獣医師の指導と動物園の飼育技師などの協力で開発され、ハムスターに最適な栄養成分とかかりやすい病気に着目し、選りすぐりの原材料を配合した高品質のペレットです。

初乳の主成分のヌクレオチドが配合されており、免疫力の維持をサポートしてくれます。

この餌は私も生まれて1ヶ月くらいのジャンガリアンに、お湯でふやかし栄養粉末材をかけてあたえていました。

しっかり全部食べてくれていましたのでおすすめです。

お値段は1150円程です。

 

4、ハムスタープレミアムフード ドワーフハムスター専用

 

「ハムスタープレミアムフード」は、私が1番オススメしたい商品になります!

普通の小粒のペレットとは違い、楕円形になっていてハムスターが手で持ちやすい形状になっています。

配合されているRNAヌクレオチドは、乳児の成長を促す母乳にも含まれる成分で、体を作る筋肉や被毛、消化や代謝に必要な体内酵素を作るのに働きます。

固さも指で簡単に割れるくらいなので、毎回あげるときに2つに割り食べやすくしてあげています。

食べ残しもなくうちでは好評のペレットです!

お値段は900円程です。

 

  まとめ

今回はペレットの種類、食べなくなった時の工夫や対策、おすすめペレットについてご紹介させてもらいましたが、いかがだったでしょうか?

飼っているハムスターが急にペレットを食べてくれなくなったりしたら、やっぱり心配だと思います。

ですが、いろんな対策を練って実行することで、悩みを解消することが出来ると思います!

ハムスターの体調管理の為だとおもって、適切なペレットの与え方に気を付けて、長く楽しいハムスターライフを送ってもらえるように心がけましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-ハムスター, ジャンガリアンハムスター, ドワーフハムスター

© 2022 Proof to liveブログ